女性用バイアグラのフォルカン

女性用バイアグラのフォルカン

本家本元の女性用バイアグラはアメリカのファイザー社から出ているダイフルカンやウーメラですが、すでに女性用バイアグラにもジェネリック医薬品が出ています。
中でも人気なのが、インドのシプラ社から出ているフォルカンです。
こちらも本家の女性用バイアグラ同様、女性器の感染症治療に使われるという目的も果たしています。
パッケージに、ジフルカンジェネリック、あるいはダイフルカンジェネリックと印刷されていることもあるので、ジェネリックなのだとわかるでしょう。
いずれにしても、実は女性器に潤いをもたらす効果は副作用の一つです。
通販サイトのちょび髭薬局や通販PHARMACY、クスリックスなどでは、フォルカンの個人輸入代行をしてくれています。
それぞれに、送料や価格などが異なるため、比較してみるといいでしょう。
ジェネリック医薬品は日本でもおなじみになってきましたが、正規の医薬品の特許期間が切れたあとに、同じ成分材料を用いて同様の効果で作った薬です。
最初に作った製薬会社とは別のメーカーが、開発費をかけずに製造できるため、正規品よりも安い価格で販売されています。
病院で処方されることもあるため、ジェネリック自体は怪しいものではありません。
ただ、性行為の問題に薬を服用することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。
その場合は、ローションやゼリーなどの潤滑剤を用いてみるのも一つの方法です。

 

女性用バイアグラ「フォルカン」の効果

女性用バイアグラのジェネリックであるフォルカンは、今のところ日本では医師の取り扱いがありません。
そのため、使ってみたい場合には海外のショップから個人輸入をするのが一番手軽です。
インターネットの普及した昨今では個人輸入も気軽に出来ますが、取り扱いは自己責任にゆだねられるという側面もあります。
つまり、副作用が出たりしても、販売者や輸入代行業者に責任はなく、自分の責任だということです。
フォルカンの副作用には、発熱や下痢、しゃっくり、発疹、むかつきなどが挙げられます。
このような症状が出て薬の効果時間が切れてもおさまらないときには、すぐに医者に行くのが適切です。
フォルカンは米国食品医薬品局のFDAにも認可されている薬ですが、中には相性の悪い人もいるでしょう。
逆に良い作用では、性行為で快感を得やすいことから精神的に安定感や満足感が出てきます。
また、女性用バイアグラとしての効果だけでなく、女性器まわりのかゆみや痛み、匂い対策などにも使えます。
これは、フォルカンがもともと、感染症などの治療に使われていたためです。
服用してから24時間以内に効果が出るというややあいまいなところもありながら、価格が安いことでは本家バイアグラより有利です。
ただし、妊婦さんや授乳中の女性は服用できません。
肝臓や心臓の病気でも服用できず、他の薬との併用は医師と相談してみましょう。

 

女性用バイアグラ「フォルカン」服用の注意

フォルカンとの併用が禁止されている医薬品は多く、
ミコナゾール、クロトリマゾール、ケトコナゾールなどの
抗真菌薬を用いている場合は服用できません。

 

シサプライドという胃腸薬との併用も禁止されており、
さすがは制約の多い医薬品なのだということがわかります。

 

つまり、媚薬などの健康食品とは違って、それだけ効果が高い医薬品なのです。
男性の中には、パートナーに女性用バイアグラを使わせてみたくて、
内緒で女性に服用させようとする人もいるかもしれません。

 

しかし、もしもパートナーがフォルカンと併用してはいけない薬を常用していたら大変です。
女性用バイアグラは、相談しあって使うようにしましょう。
女性用バイアグラを使う女性の事情は、好奇心で性的興奮を得たいばかりではないはずです。
むしろ多いのは、加齢や子宮摘出などの身体的障害を乗り越えたいという理由でしょう。
深刻に悩んでいる女性に対して、好奇心だけでリスクを与えてしまうのは無責任です。

 

フォルカンはインドの製薬会社が作った女性用バイアグラのジェネリックですが、
中にはシンガポールやマレーシアなどから届くこともあります。

 

もしかすると偽物や類似品の疑いがあるため、使用する前にしっかりチェックしましょう。
悪質な業者は、口コミでも悪い評判がたっていることがほとんどです。
あらかじめチェックしておくことで、購入を避けるのも可能です。