女性用バイアグラが更年期対策になる理由

女性用バイアグラが更年期対策になる理由

更年期になって女性器に潤いがなくなってしまうのは、女性ホルモンを分泌している卵巣が働きを弱めるためです。
女性ホルモンの一種は、膣の入り口にあるバルトリン腺から分泌されています。
それが閉経すると分泌されにくくなり、同時に分泌液も減少するのです。
性交時の摩擦を少なくするために、バルトリン腺は欠かせません。
これが少ない女性のために、ローションなどが用いられてきたように、非常に重要なものなのです。
通常は、性的興奮で分泌される液体ですが、十分に出てこないと性行為が苦痛になるほど痛みを感じてしまいます。
年をとってくるとこの傾向が高くなり、なかなか性行為におよびたがらない女性が増えてくるのです。
しかし、女性も性の喜びを感じなくなると、ますます女らしさやホルモン分泌量が減ってきてしまいます。
これまでは女性ホルモンの投与によって更年期の治療が行われてきましたが、望ましくない副作用が出てしまうリスクに敬遠してきた女性も少なくありません。
その点、女性用バイアグラなら、ホルモン摂取とは違う形で悩みを解消することができます。
不感症なども解消できる効果があり、血行促進によって性感度を上げるのも可能です。
実際、絶頂を何度も感じられるようになったという体験談もありますから、試してみる価値はあるでしょう。

 

女性用バイアグラで血流改善

男性の勃起不全を解消するのに、バイアグラで男性器の血行を改善するという方法があります。
バイアグラはもともと血管拡張を促す効果のある成分で作られているため、これが可能になるのです。
実は、女性の性的興奮も子宮周辺に血液を集める作用を持っています。
血行がよくなることで膣内の分泌液が増えて、性行為も行いやすくなるのです。
女性用バイアグラを用いると濡れやすくなったり、感度が高まるのはこんな理由です。
しかし、人によっては女性用バイアグラで副作用を起こすこともあります。
頭痛をはじめ、ほてりや動悸、鼻づまりなどを起こす人もいます。
血管が拡張して血液がめぐるようになったことで、起こる現象です。
通常、副作用は薬の効果が切れたときにはおさまります。
安心して、女性用バイアグラを利用するといいでしょう。
因みに、男性は朝方テストステロンという男性ホルモンの濃度が高まります。
このとき、性的欲求や満足度がピークを迎えるため、朝にセックスをするのはとてもいいことなのです。
男性でも女性でも、バイアグラを用いてセックスすることで最高の快感を得られ、2人の関係をよくすることができるでしょう。
話し合って、女性用バイアグラを検討するカップルが増える時代が来たのかもしれません。

 

 

男性でも女性でも加齢は全ての人に訪れる現象で、いずれは誰しも老化を体験します。
特に女性にはある時期に閉経が訪れますから、その前後に更年期がやってくるのです。
更年期と共に現れるのが、更年期障害です。
この障害で現れる症状は、種類も程度も人によってそれぞれ違います。
身体的な症状が出る人もいれば、精神的に不安定になってしまう人もいます。
それもこれも、閉経によって女性ホルモンが激減してホルモンバランスが急に悪化するからなのです。
更年期を過ぎれば安定期がやってきますが、実に10年間ほども続く更年期に苦しむ人も多数です。
現代では栄養状態などの良さから更年期がやってくるのが遅い人も多い一方で、生活習慣や食生活のバランスを崩して若いうちに更年期がやってきてしまう人もいます。
心身に不調が訪れるだけでなく、性生活に影を落としてしまう場合もあります。
それまでは膣に潤いがもたらされたのに、上手くいかなくなったというケースも少なくありません。
そもそもその気にならなくなったという女性も多いのですが、女性は性生活に興味を失うと色気も減少してしまいます。
恋をすると美しくなるというのも、ホルモンが分泌されるからです。
女性用バイアグラを利用すると、性生活が再び充実するようになり、女性らしい色気を取り戻すことも可能です。