バイアグラは気をつけなければいけない

バイアグラは気をつけなければいけない

バイアグラは今や世界中で使われているED治療薬になります。

 

EDと言っても広い意味では中折れなどの勃起障害もEDに含まれ、潜在的なED患者は多いとされています。

 

日本だけで見ても人口のおよそ1割に相当する1000万人程度がED治療を受けているといわれていますから、治療を行っていない分を考えれば、相当数になるでしょう。

 

 

バイアグラはアメリカで生まれた薬ですが、トルコでもバイアグラが販売されています。

 

トルコで販売されているバイアグラはジェネリックと言われるもので、成分や効果は正規品のバイアグラと変わらずに低価格で販売されています。

 

バイアグラを服用する際には、飲むときの注意点をよく覚えておきましょう。

 

食後の服用ですが、食後すぐに服用すると胃の中でバイアグラが食べ物と混ざってしまう効果が弱くなる事があります。

 

食後は1時間~2時間はあけてから服用するのが望ましいとされています。

 

泥酔時に服用する場合もバイアグラの効果を弱くしてしまう事があります。

 

そのため、お酒を飲むときにはバイアグラの服用は控えるようにするといいでしょう。

 

 

また、バイアグラを使う場合には心疾患を患っている、他の薬を服用しているなどの方は使用をやめましょう。

 

狭心症を患っている方が服用し、性行為の後心停止しそのまま亡くなるという事故が報告されています。

 

正しい使い方をすれば、命に危険が及ぶことはありませんが、間違って使うことで大変なことになる事もあります。

 

まずは医師に相談をした上で使用を考えましょう。