バイアグラについて

バイアグラについて

バイアグラというのは、1999年に承認されたED(勃起障害)の治療薬です。
現在は日本でも精製され、販売されています。
催淫作用は無いので、性的刺激を受けてはじめて効果が発揮されます。
バイアグラの名前の由来はバイタルとナイアガラの滝を合わせて作った物だそうです。
バイアグラはアメリカのファイザー研究所で合成された薬でした。
当初は抗狭心薬として開発されたものでした。
臨床試験ではその効果が認められませんでした。
しかし、その試験において被験者からの陰茎勃起の発現が報告されました。
その後、バイアグラは勃起障害の薬として販売されました。
国内でも販売しているバイアグラ、その効能は血管拡張作用です。
海綿体への血流増加を促進させる効果があります。
血管拡張作用は陰茎のみに働くものではないので、
慢性心不全や肺高血圧症に対しても適応が進められている。
また同時に併用する薬によっては、極端に血圧を下げる効果がでてしまうため、
常時服用している薬との関係も注意しなくてはならないのです。
バイアグラ販売は直接アメリカのファイザー正規品を個人輸入する方法。
輸入代行業者を通して購入する方法、またジェネリックでの
バイアグラ販売も現在ではあるようです。
ジェネリックのバイアグラなら、値段も安いものがあり、手に入りやすくなっています。
販売価格も扱う業者で異なることが多いので、よく情報集め、選ぶ必要があります。
悪徳販売業者もあるようなので、充分気を付けるべきです。

 

バイアグラという薬はご存知でしょうか?
CMや雑誌などで、EDという言葉を耳にすることがありますよね?
EDとは、勃起障害すなわち男性の性器が正常に機能しなくなる障害です。

 

バイアグラはそのEDに効く薬として、世に広まって広く販売されるようになりました。
バイアグラのイメージというと、ちょっと危険なイメージがありませんか?
ニュースなどで、バイアグラを使用した男性が死亡というのや、
広告のあおりなど聞いたり見たりします。

 

また危ない薬、媚薬のような形で販売や、流通を促してることもあります。
悪質業者が偽物バイアグラを販売して、儲けを得ようとしていることもあります。

 

バイアグラにはちょっと危険な、ダークなイメージがありませんか?
実際バイアグラは媚薬のようなものでもないし、危険なものでもない普通の薬なのです。
使用法や用量、過剰な摂取、ルールさえ守って使えば問題は少ないごく普通の薬の一つです。

 

バイアグラは男性の勃起障害を治すと言うことから、
性欲や滋養の強壮薬のようなイメージもあるでしょうが、
あくまで治療薬、普通の状態の人に使ってもどうにもならないものです。
多く販売しようと、心ない販売業者が煽っているだけなのです。

 

バイアグラは従来の薬と同様、医者の診断の下処方される薬なので、
処方される時に注意点や使用方法を聞くこととなります。
紛い物を病院以外から買うのはあまりにも危険なので、
病院からの処方のバイアグラのみを使う方がいいでしょうね。

 

もし、EDで悩んでいる人がいたら真っ先にバイアグラ、ではなく、
病院での診断を進めてみてはいかがでしょう?