バイアグラを処方してもらう

バイアグラを処方してもらう

バイアグラを処方してもらう場合は、医師による処方箋が必要となります。

 

その際に、検査や問診を行うのですが、EDと判断されなければバイアグラを
処方してもらう事はできません。

 

バイアグラはれっきとした医薬品で、服用の際には注意しなければならない点や、
副作用を起こしてしまう可能性があるという点に関してもよく覚えておく必要があります。

 

ですから、バイアグラは簡単に手に入ると勘違いしないでおきましょう。

 

バイアグラは服用方法などによって重い副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

例えば、1日に2錠以上の服用や、他の薬との併用などです。

 

1日に2錠以上服用するとは、普段は50mgを服用していて、たまたま
25mgをしかなかった場合にもそれを2錠服用して50mgにするという事はできません。

 

その場合は1日に2錠以上服用した事になり、体に大きな負担をかけてしまう場合があります。

 

また、50mgを半分にしてそれを2つ飲む事も避けて下さい。

 

バイアグラを服用する時は1日に1錠単位で飲むようにしないと、
副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

他にも、バイアグラの効果も理解しておく必要があります。