バイアグラの用法と容量について

バイアグラの用法と容量について

バイアグラは比較的世界的に有名なED治療薬なのですが、用法や用量を守って服用しないと
重い副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

ですから、しっかり守って安全にバイアグラを服用できるようにして下さい。

 

バイアグラを服用する時の注意点としては、1日に2錠以上の服用、
他の薬との併用などが挙げられます。

 

バイアグラは効果が高いため、他の薬と併用してしまうと身体に大きな負担をかけてしまい、
重篤な副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

まず、併用してはいけない薬としては、ニトログリセリン系の薬が挙げられます。

 

他には、血圧を下げる効果のある薬などもそうですが、バイアグラは血管を拡張し、
血流を早くするという効果を持っているのです。

 

ですから、そのような効果を持っている薬と併用してしまうと、急激に血圧が下がってしまい、
体に大きな負担をかけてしまう危険があります。

 

このような事に注意してバイアグラを服用して下さい。

 

また、バイアグラを服用する時はタイミングなども気をつける必要があります。

 

例えば食後やアルコールを摂取した時などです。

 

食後すぐにバイアグラを服用するとバイアグラの効果が弱くなってしまいます。

 

食後は最低でも1時間は空けてバイアグラを服用して下さい。

 

アルコールは、少量であれば特に問題ないのですが、大量に摂取した場合は
感覚がマヒしてしまい、バイアグラの効果を感じない場合があります。

 

このような事に注意しながらバイアグラを服用してみて下さい。