バイアグラの使用ルール

バイアグラの使用ルール

バイアグラは安全性も効果も高いED治療薬ですが、使用にあたっては注意があります。
健康食品ではありませんから、使用法や用量を守らなければ健康被害が出てしまう可能性もあります。
そこまでいかずとも、効果が薄くなったり全く効果が出ないということにもなり、せっかく高いお金を出して買ったバイアグラが無駄になってしまいます。
服用する前には、しっかり用法と用量に注意してルールを守って使うようにしてください。

 

バイアグラには、食後30分以内の服用や泥酔時の服用で薬の効果が弱まってしまうという特徴があります。
胃の中で食べ物とバイアグラが混ざってしまうことで、効果が弱まってしまうのです。
食後は1時間ほど空けてから服用するようにし、効果をしっかり享受しましょう。
アルコールについては、適度な摂取だと効果が早く出るということもありますが、過剰な摂取後のバイアグラ服用は効果が出ないことがあります。

 

バイアグラを服用すると危険なケースとしては、心臓に疾患がある人、他の薬と併用することなどがあります。
血圧を上げる作用のあるバイアグラは、心臓が悪い人が飲むと重大な副作用を引き起こしてしまうことがあるのです。
心臓ではなくても、持病があったり薬をよく飲んでいるような人は、医師に相談してからバイアグラの使用を検討したほうがよいでしょう。