EDについて

EDについて

EDとは
EDとは、Erectile Dysfunctionの頭文字を取ったもので、
「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、
満足な性交が行えない状態」と定義されている疾患です。
EDは、実に多くの男性に起こりうる病気です。
公言しづらい問題であるがために、その実態を完全に把握する事は難しいのですが、
日本では推定1500万以上の人が、世界では実に1億人以上が
EDに悩んでいるとも言われています。
しかし、多くの人がEDに悩んでいながらも、以前は「インポテンス」や「性的不能」など、
まるで人としての欠陥のように扱われ、長年偏見が拭えなかったために、
ますます秘匿され、治療が思うように行かない人も多かったED。
近年になってようやく、疾患であるという認識が進み、
デリケートな問題として見直され始めています。
男性にとってEDは、女性が想像する以上に深刻な悩みです。
とは言え、バイアグラなどの改善薬によって適切な治療を行えば
ほとんどの場合で治るものでもあります。
EDへの誤解と同様、バイアグラへの謝ったイメージ、不安は時折聞きますが、
バイアグラを始めとしたED改善薬は、
基本的に「勃起を阻害する要因を抑制する」効果があるもの。
バイアグラを飲むだけで強制的に勃起したり、
性欲自体が増進されたりといったことはありません。
以前は、60代や70代といった、比較的高齢の方の受診が多かったというED。
しかし今、その状況が変わりつつあると言います。
インターネットに触れる世代が比較的若いからか、ストレス社会の副産物か、
医療機関にEDの相談に訪れる男性の平均年齢は、今徐々に低下しているとのこと。
確かに、バイアグラなどの個人輸入体験談にも、比較的若い人が目立ちます。
ED相談を受け付けている病院はインターネットで簡単に調べられますし、
EDやバイアグラがどういったものなのか、などの情報も、
インターネットから得る事がたやすくなりました。
そのため、インターネットに触れる機会の多い、
比較的若い世代のEDに対する垣根は低くなりつつあるのかもしれません。
若い世代のED患者の特徴として、
投薬治療はどれくらい継続するのか、という事を気にする声が目立ちます。
今後ずっとバイアグラを飲み続けなければならないのではないか、という不安は、
金銭的にも精神的にも患者を圧迫してしまいます。
しかし、若い世代のEDは、高齢者よりも再診率が低いのだそうです。
ストレスや疲労で勃起できない状態が難度か続いた事による不安を、
バイアグラなどのED治療薬で取り除いてあげると、自信を取り戻し、
以降バイアグラをお守り代わりに持っているだけで
症状が改善してきた、という声もあるほどです。
顕在化する年齢層が変わっても、EDは世代を問わず症状が起こる可能性のある疾患です。
今後ますます、患者が気兼ねなく相談でき、安心して個人輸入も行える、
そんなED治療体勢が作られていく事を臨みます。

 

サブページ登録代行はお任せください