バイアグラの用法と用量

バイアグラの用法と用量

バイアグラはEDを治療することが出来る薬として世界各地で利用されています。

 

多くの男性の悩みを解決する薬として高い人気を得ていますが、薬である以上、使用方法を間違えれば、命の危険すらあると言うことを理解しておかなければいけません。

 

バイアグラは血管拡張作用のある薬ですので、飲み合わせ、体調などによって効果のほども変わってきます。

 

特に心臓疾患を持っている方の使用は強く止めるべき薬でもあります。

 

 

バイアグラの用法どおりに服用しても、糖尿病の人は眼底出血を起こす危険もあり、もともと網膜の血管がもろくなっているので、血管が広がるバイアグラを服用すると危険が及ぶこともあります。

 

他にも消化器に潰瘍のある人も出血する可能性があると言われています。

 

 

バイアグラの用法ですが、24時間で1錠の服用が原則とされています。

 

血管を拡張し、血流をよくする薬ですから、それだけに心臓にかかる負担も大きくなります。

 

心臓の負担が多くなれば、それだけリスクも上がるものです。

 

正しい知識、正しい用法を守らなければ、かつて報告されたような死亡事故にも繋がります。

 

自分は健康だから大丈夫。

 

そうした慢心が重大な事故を引き起こす原因であると言うことを自覚しましょう。

 

バイアグラは個人輸入で簡単に手に入れることが出来る薬ですが、正しい用法を知りたいのであれば、しっかりと病院で診察をしてもらった上で用法、用量の説明を受けるようにしましょう。

 

個人輸入はその後からでも十分です。