バイアグラの個人輸入の疑問

バイアグラの個人輸入の疑問

バイアグラは非常に優れた薬になります。

 

多くの下半身に悩みを持つ男性の希望とも言えるでしょう。

 

国内でバイアグラを手に入れようと思った場合、医師の処方が不可欠になりますが、下半身の悩みと言うのは非常にデリケートなものです。

 

そのため、医師とはいえ、相談することに躊躇いを感じる男性も少なくはありません。

 

そうした男性が誰に知られることなくバイアグラを手に入れる方法としてあるのが個人輸入になります。

 

 

個人輸入に関して、ここ最近で一番多い質問が「バイアグラの個人輸入は違法ですか?」と言う質問になります。

 

結論を言えば、バイアグラの個人輸入は違法ではありません。

 

ただし、完全に白というわけでもありません。

 

個人輸入はあくまでも個人使用に限って許可される方法ですから、個人輸入で購入したバイアグラを他人に譲渡したり、販売したりすれば、薬事法で処罰される可能性もあります。

 

 

個人輸入は全てが自己責任になります。

 

購入したバイアグラが模造品であっても、それは個人の責任。

 

仮に模造品で何かしらの副作用が発生しても、それも個人の責任になります。

 

しっかりと正規品を扱っている業者を選び、間違いがないと安心できる業者を選ばなければ、どのような被害を被ることになるかは分かりません。

 

 

確実、安全にバイアグラを手に入れるのであれば、病院がいいでしょう。

 

しかし、抵抗感があり、誰にも知られたくないと言う場合には、しっかりと下調べをした上で個人輸入業者を探し、信頼できる業者から購入するようにしましょう。