バイアグラ服用時の注意

バイアグラ服用時の注意

バイアグラ服用時の注意
バイアグラは、経口服用によって勃起を阻害する酵素の活性を阻害し、
血管を拡張させる事でスムーズな血流の増大を促し、機能するものです。
ED症状がある場合は、バイアグラを性行為の30分ほど前に服用することで、
性的刺激と相まって陰茎の勃起を促し、性行為を正常に行うことができます。
しかし、バイアグラは医薬品であるため、どうしても副作用というものが存在します。
軽微なものでは血圧の低下に伴うめまい、顔の火照り。
他にも頭痛、吐き気、消化不良などが出る人もいます。
そして、バイアグラ服用において、特に注意しなければならないのが飲み合わせ。
バイアグラの作用メカニズムは、狭心症などの治療に用いる
ニトログリセリンなどの硝酸塩系薬剤と同様のものであり、
これらは、特に同種の薬を併用した際に狭心発作や心臓疾患症状の悪化など、
重篤な副作用をもたらす可能性があるのです。
また、薬以外でも、「滋養強壮」、「精力増強」などを目的とした健康食品やサプリメントには、
バイアグラの主成分であるシルデナフィルを含有しているものがありますので、注意が必要です。
そうした薬やサプリメントを服用していたり、心血管系疾患に心当たりがある場合などを始め、
もしも一つでも不安のある場合は、医師に相談し、指示を仰いだ方が安心かもしれません。
バイアグラは、日本、アメリカ両国内で処方箋を必要とするれっきとした医薬品です。
購入が手軽なのが個人輸入代行サイトを使うメリットではありますが、
服用・保管などに関しては、自己責任において慎重な取り扱いが必要です。