不妊治療とバイアグラ

不妊治療とバイアグラ

子供を望んでいるのに、なかなか授からない。
こうした悩みを持つ夫婦にとって、不妊は大きな問題でした。
以前は、不妊の原因は女性にあるとされることが多く、
治療も女性主体で行われていましたが、
近年男性側のEDなども不妊の要因のひとつとして、
治療の対象とされるようになってきています。
その治療の際にも用いられるのが、バイアグラを始めとするED治療薬。
男女の生殖機能そのものに問題が無い場合でも、不妊が起こる場合があります。
それは女性の排卵日と、男性側のタイミングがなかなか合わない、といったケース。
不妊治療では、タイミング法と呼ばれる排卵日を
正確に計測した上で性交を行う手法がポピュラーなのですが、
必ずこの日に、というプレッシャーが男性側のストレスとなってしまい、
性交がうまく行かなくなる場合もあるのです。
そして、なかなか子供ができないことがさらなるストレスとなり、
男性側がEDになってしまうことも少なくありません。
そのような場合にも、最近ではバイアグラが処方されます。
気持ちはあるのに身体がついてこない。
そんなシチュエーションこそバイアグラの本領発揮ですからね。
夫婦揃ってのカウンセリングと併用してバイアグラを用いることで、
女性のタイミング合わせて男性も用意を整えられるのです。
子供が欲しいと願うのは、夫婦双方の望み。
ならば不妊の責任をどちらかに押し付けるのではなく、二人で協力することが必要なのです。
必要なシーンで薬に頼ることは、決して悪い事でも情けない事でもありません。
バイアグラの使用は一つの手段です。
その先に、お二人が望む「家庭」の姿をどうか見つけられますように。