バイアグラについて添付文書について

バイアグラについて添付文書について

バイアグラについて添付文書について

 

バイアグラがED治療薬として大変効果を期待することができるということはもう多くの人が知っていると思います。
バイアグラは、その効果の高さから世界中のED障害で悩んでいる人からも大変高い支持を得ているお薬であることは間違いありません。

 

インターネットなどでは、バイアグラの個人輸入代行などのサービスを気軽に受けられるようなサイトが数多く立ち上がっており、人知れずEDの障害で悩んでいる人から絶大な支持を得ているとも言われているのです。

 

しかしながらバイアグラの個人輸入代行で購入したバイアグラを使用する場合にはいろいろなことに注意をする必要がありますのでバイアグラに添付されている説明書の内容を一部紹介したいと思います。

 

これからバイアグラを個人輸入代行サービスを利用して購入しようと思っている人もその内容等が気になっていると思いますので、
確認するといいのではないでしょうか。
ただし難しく書いてあるところは要約してありますのでご了承ください。

 

まずバイアグラの取り扱い説明書に書かれている内容の中に服用する際の禁忌事項などが記載されております。

 

①バイアグラの成分に対しアレルギー、もしくは過去に体調を崩したことのある方。
②硝酸剤(ニトログリセリンなど)あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の方。
③心臓や血管などに障害があり、性行為が適当ではないと思われる方。
④重度の肝障害のある方。
⑤低血圧の方、又は治療により管理されていない高血圧の方。
⑥脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を患って最近6ケ月以内にある方。
⑦網膜色素変性症の方。

 

異常がバイアグラを服用する場合に副作用や、禁忌事項となっておりますが、このような内容をしっかりと把握した上での服用をっしなかった場合には、命にも関わる大きな危険をも含んでいますので、必ず記載内容を確認するようにしましょう。

 

次に、バイアグラを使用する際の注意点となっております。

 

1.慎重投与(次のような方は注意が必要)
 ① 陰茎の構造上問題のある方。
 ② 持続勃起症の素因となる可能性のある方。(鎌状赤血球性貧血等)
 ③ 他の勃起不全薬(レビトラ、シアリスなど)を服用している方
 ④ 出血性疾患又は消化性潰瘍のある方(安全性は確立されていない。)
 ⑤ ・高齢者(65歳以上)
   ・高度の腎障害のある方
   ・肝障害のある方
 上記に該当する場合などは低用量(25mg)から服用を開始するなど、使用上の注意を慎重検討し服用すること。

 

2.重要な基本的注意
 ① 省略します
 ② 性行為は心臓への負担を伴うため、勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態を検査して下さい。
   バイアグラは血管拡張による降圧作用があるので、
   硝酸剤(ニトログリセリンなど)や一酸化窒素(NO)供与剤の降圧作用を増強する可能性がある。
 ③ 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の疾患を最近6ケ月以内に患った方は禁忌です。
   ただし、それ以前に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を患った方は服用できますが、心血管系の障害がないか十分に確認すること。
 ④ 6時間以上持続する痛みを伴う勃起が外国で市販されているバイアグラで少数報告されています。
   持続勃起にたいする処置を速やかに行わないと、
   陰茎組織の損傷または、勃起機能を永久に損なう危険性があります。
   ですから、勃起状態が4時間以上持続した場合、直ちに医師の診断を受けるようにして下さい。
 ⑤ バイアグラは催淫剤又は性欲増進剤ではない。
 ⑥ 臨床試験において、めまいや視覚障害を起こす方がいたので、自動車の運転などには注意して下さい。

 

 

その他にもバイアグラの添付文書などには、消化器系や泌尿・生殖器、呼吸器・筋・骨格・血液や感覚器(視力低下など)などいろいろな症状に分けて図で分かりやすく副作用についても説明書きが添えられておりますので、自分の体質にしっかりとあった容量用法を守るようにしましょう。

 

ここで記載してある内容は一部カットして簡単に説明がされております。
本来添付されている文書にはさらに詳しく成分などの説明がありますので、バイアグラの個人輸入代行などから購入したバイアグラを手にした場合には内容をしっかりと理解した上で服用するようにしましょう。
バイアグラって何?
バイアグラ、という言葉を聞いた事のある方は多いと思います。
では実際どのような薬で、どのように入手・使用すれば良いのかなど、
詳しい事は、使った事のある人以外には、意外と知られていないものかもしれません。
バイアグラは、アメリカのファイザー社が特許を持つED改善薬。
バイアグラという名称があまりにも一般的になっているので間違われやすいですが、
登録商標の一つなのです。
つまり、バイアグラという名では無いED改善薬も存在しますし、
逆に「バイアグラ」として紹介されていても、ファイザー社のもので無ければ注意が必要かも。
また、バイアグラは、クエン酸シルデナフィルを主成分とするれっきとした医薬品です。
クエン酸シルデナフィルは、元々狭心症の治療薬として研究・開発されていましたが、
過程で陰茎勃起の促進効果や、その他、脳を介した血管拡張を促進させる効果が認められ、
現在ではED改善薬および肺動脈性肺高血圧症の治療薬として使用されているのです。
性の問題は、長年、特に日本では秘匿されやすく、
そのため誤った情報や噂が付きまといやすい問題でした。
バイアグラに関しても、一度飲むと勃起しっぱなしで収まらない、
ED以外の人が飲むと元気になり過ぎる、など、様々な憶測が囁かれていました。
しかし、バイアグラを始めとするED改善薬は、いわゆる性力増強剤の類いではありません。
あくまでも「勃起を解消させてしまう要因を阻害」し、
勃起力や持続力を手助けする、ED改善薬です。
気持ちはあるのに、勃起しない、持続できない、という方は、
一度試してみては如何でしょうか。