セックスレスにならないために

セックスレスにならないために

以前、ある調査で、日本は世界の国々の中で、
パートナー同士のセックス回数がダントツ最下位、というランキングが出たことがあります。
事実、日本の出生率は低下の一途を辿り、セックスレスという言葉もよく耳にします。
日本性科学学会では、セックスレスを以下のように定義しています。
「決まった性的パートナーがいて、
単身赴任や入院などの特殊な事情が認められないにも関わらず、
カップルの合意した性交、あるいはセクシュアル・コンタクトが1か月以上なく、
その後も同じ状態が長期にわたることが予想される場合。

EDに悩む男性は、また勃起できなかったらどうしようという不安から、
パートナーの女性も、相手に気を遣って、切り出すタイミングを掴めないから、という理由で、
EDを期にパートナー同士のセックスレスに始まり、
果てはスキンシップそのものが途絶えてしまう危険性があります。
EDをきっかけにセックスレスに陥ってしまい、以降夫婦仲が気まずくなってしまった、
というお話もEDの体験談の中でよくお見かけします。
単に性交だけではなく、簡単なボディタッチなども含めたスキンシップは、
パートナー同士の愛情を確認し合い、QOLを高める一つの重要な要素です。
上記の定義におけるセクシュアル・コンタクトとは、性交そのものだけではなく、
「裸で抱き合って寝るなど、当人同士が性行為と考えている性行為全般」を指すとのこと。
即ち、例えEDの治療中であっても、セックスレス状態は回避できるのです。
性交が途絶えている間にも、そうしたスキンシップによって、
お互いに愛情を感じ、安心することができるのではないでしょうか。
日本はセックス後進国といわれています。
文化の問題なのでしょうが、結婚後、出産を経てセックスレスになる夫婦は非常に多いといわれています。
統計ではセックスレスの夫婦の離婚率はセックスをしている夫婦に比べて多いというデータもあり、
日常的にスキンシップを行っているかどうかは夫婦仲にも深く関係があると言うことが分かっています。

 

日本性科学学会では、セックスレスを以下のように定義しており、定義に当てはまる夫婦はセックスレスであるとされています。
「決まった性的パートナーがいて、単身赴任や入院などの特殊な事情が認められないにも関わらず、
カップルの合意した性交、あるいはセクシュアル・コンタクトが1か月以上なく、その後も同じ状態が長期にわたることが予想される場合。」
思い当たる方もいるのではないでしょうか。

 

セックスレスに突入するきっかけを作るのは、主に女性であると言われています。
出産後の体の崩れ、育児による疲労、夫の無神経な対応など原因は様々ですが、夫からの誘いを頻繁に断り、
夫が自信を失い、誘うことすらしなくなり、妻もタイミングを失ってセックスレスになるというケースは非常に多くなっています。
会話などのコミュニケーション不足も一つの原因ですが、互いに思いやる気持ちが欠如しているという見解もあります。

 

セックスレスを軽く考えている方も多いですが、セックスレスは立派な離婚事由となります。
きっかけや原因はさておき、一方的に夫婦の営みを拒否し続けるというのは、夫婦関係を否定しているとも判断されます。