EDの原因って?(機能性ED)

EDの原因って?(機能性ED)

日本国内でEDに悩む男性は1000万とも1500万とも言われる程に、
多くの人が悩んでいる病気。
公言しにくい症状であるために一人で抱え込みがちであり、
男性としての自信を喪失してしまったり、
果てはアイデンティティすら揺らぎかねない一大事です。
しかし、EDは、決して自分だけがなってしまった特異な病気ではありません。
バイアグラなどの治療薬を使えば、ほとんどの場合完治する病気でもあります。
では、EDになってしまう原因とは何なのでしょう。
どうにかして、EDを予防する手はないのでしょうか。
EDの原因には、様々なものがあります。
大きく分ければ、その原因は4つ。
機能性ED、器質性ED、混合性ED、薬剤性ED、となります。
機能性EDはさらに心因性、精神病性に分けられますが、
その中でも、過剰なストレスや性行為に対する
不安・トラウマなどが原因となる心因性EDの割合は高いです。
仕事が忙しかったり、責任ある立場を任されたりして
知らず知らずストレスを溜めてしまうと、EDの症状が現れやすいのです。
勃起は副交感神経の活性が密接に関わってきますので、
極度の緊張や疲労状態で交感神経が活性化した状態では起こりにくいもの。
そして、勃起できなかったショックが新たなストレス・不安となり、
ますますEDの症状を促進させてしまう恐れも。
バイアグラを始めとするED改善薬は、そうした無意識のストレスが原因のEDの強い味方。
バイアグラの成分が、勃起を解消させる働きの酵素を抑制し、血流の増大を促しますので、
外的刺激によって自然に勃起反応が起こるようになります。
幾度か服用し、自信がついてくれば、
徐々にバイアグラを飲まなくてもEDが改善していくことでしょう。
ただし、心因性EDの場合、バイアグラで勃起不全の恐怖はクリアできても
根本のストレスに対するアプローチもお忘れなく。