埋もれがちなEDを掬い上げる

埋もれがちなEDを掬い上げる

多くの人が悩んでいながらも、疾患の性質からなかなか表立って
治療に踏み切れなかった方も多いであろうED。
最近ではようやく偏見も少しずつ薄らいで、
EDに関する研究を含む性科学の分野も進み始めています。
しかし、そのような状況にあっても、
日本国内に1000万、500万もの潜在患者がいるとされながら、
EDの治療を積極的に開始している人は5%程度に過ぎないとも言われています。
その反面、インターネットでは個人輸入によるバイアグラなどの個人輸入は盛んに行われ、
バイアグラを筆頭としたED治療薬市場は常に一定の規模を展開しています。
悩んでいる人は多いはずなのに、誰にも相談できていない現状。
こうした状態を打破すべく、
積極的にED治療に関する敷居を提げようと努力する医療機関も増えています。
従来泌尿器科の管轄だったEDに関する相談は、
今や多くの内科でも可能になってきていますし、
糖尿病やうつ病など、EDのリスクが高いとされる疾患を持つ患者さんへ
医師自ら積極的に問いかけを行い、
治療に当たろうとしている医療機関もあります。
患者さんが手に取りやすいよう、人目の少ないところへ
EDやバイアグラに関する資料を配置したり、
リスクファクターを持つ患者さんへの問いかけの際も、
看護士が席を外した状態で抵抗感の少ないよう言葉を選んで問い掛けるなど、
プライバシーにも配慮された取り組みが、少しずつ始まっているのです。
EDは、自分だけがなってしまった恥ずかしい病気ではありません。
バイアグラなどの、高性能な治療薬も開発されています。
バイアグラの処方も、基本は面談。
既往症などで必要があれば、追加で検査を実施する場合もありますが、
多くの人が不安に思っているような、デリカシーのない検査や質問はまずありません。
せめて医師と、そして貴方の大切なパートナーに、悩みを打ち明けてみては如何でしょうか。