バイアグラは飲み合わせに気をつける

バイアグラは飲み合わせに気をつける

バイアグラは言わずと知れたED治療薬になります。

 

多くの男性の下半身の悩みを解決する薬として高い人気を誇っていますが、薬は使い方を間違えれば、非常に危険なものでもあります。

 

バイアグラもその例外ではなく、正しい使用方法を守らなければ、時に命の危険すらあります。

 

逆に、使い方一つでバイアグラの効果を高めることも出来ます。

 

 

バイアグラとお酒の飲み合わせは、適量であればその効能を増すといわれています。

 

バイアグラは血管拡張作用があり、男性器の血管を拡張して勃起をしやすくします。

 

お酒には血流を促進する効果がありますから、適量のお酒はバイアグラの効果を高めるものとして知られています。

 

バイアグラは初代ED治療薬として世に生み出されましたが、効果時間の短さなどもあり、改良を重ねられ、現在、主流となっているのがシアリスになります。

 

 

シアリスは一度服用するとその効能が36時間続き、バイアグラよりも遥かに長い時間効果を持続させることが出来ます。

 

ただし、副作用などはバイアグラと大差ありませんから、薬の飲み合わせなどには十分に気をつけなければいけません。

 

心臓の薬であるニトログリセリン系は異常な血圧低下を引き起こす場合がありますので、併用は控えるようにしましょう。

 

また、シアリスの効果が思うほどなかったからと言って、バイアグラとの併用も非常に危険です。

 

用法を守れば非常に便利な薬ですが、使い方を間違えれば危険であると言うことを念頭に入れて正しく使いましょう。