バイアグラの禁忌

バイアグラの禁忌

バイアグラは正しく使えば、十分な効果を発揮し、充実した性生活を送ることが出来るようになります。

 

主に精神的要因、肉体の老化による機能低下などの場合のEDに効果を発揮しますが、
バイアグラは薬である以上、気をつけなければいけないことも多くあります。

 

自分の体を守るためにも、しっかりと注意事項を守って正しく使うようにしましょう。

 

 

バイアグラの禁忌とされているものにはいくつかあります。

 

中でも副作用に関して知っておくことから始める必要があるでしょう。

 

バイアグラの副作用としては、軽度なもので火照り、頭痛がありますが、これらは一過性のものですから、短時間で回復するでしょう。

 

重度の副作用になると、持続性勃起症、急激な血圧低下などがあります。

 

体質的なものや持病などが原因で起こる事も多い為、注意が必要です。

 

 

バイアグラの禁忌とされているものでは、硝酸剤あるいは
一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)の使用者、
心血管系障害、6ヶ月以内に心筋梗塞を経験、血圧異常、脳梗塞・脳出血を経験、重度の肝障害、
網膜色素変性症などの方はバイアグラを使うことで予想外の効果を受ける可能性があります。

 

時に命すら危ぶまれる結果になりますので、使用は避けるようにしましょう。

 

海外での報告では、心臓疾患を持った高齢者がニトロとの併用をした事で心臓発作を起こして死亡したと言う事例もあります。

 

バイアグラで死にたくなければ、禁忌とされているものは避けて正しく使うようにしましょう。