レビトラを服用する際の禁忌と副作用について

レビトラを服用する際の禁忌と副作用について

レビトラは、バイアグラの次に登場したED治療薬で、即効性があり食事に影響されにくい
として有名な薬です。
ですが、そのレビトラも服用方法や副作用、服用時の禁忌に注意して服用しなければなりません。
まず、レビトラの副作用なのですが、基本的に起こりやすいと言われている事は、
頭痛、鼻炎、消化不良、めまい、顔面紅潮などの症状があります。
このような副作用が起こったとしても、症状は軽く、重度になるケースはまれです。
と言っても、それは正しい服用方法を守って服用した場合の話です。
中には、特に注意事項や服用する際の禁忌などを考えないで服用する方もいます。
そのように、適当にレビトラを服用してしまうと、重い副作用が現れ、
健康を害してしまう可能性がありますので、服用の際は充分に注意して下さい。
レビトラの禁忌とは、1日に2錠以上の服用、他の薬との併用などがあります。
これらに注意しながら服用して下さい。
他の薬と言うと、例えばグリセリンや硝酸剤などの薬が挙げられます。
基本的には、血圧を下げる薬と併用すると危険な状態になります。
それは、レビトラも同様の効果があるからです。
レビトラは血管を拡張し、血圧を下げます。
ですから、同様の効果のある薬を一緒に飲んでしまうと、急激に血圧が下がってしまい、
体に大きな負担をかけてしまう可能性があります。
レビトラを服用する際は、このような注意事項をしっかり頭に入れておいて、
飲む前に確認してみて下さい。