ED外来が少ないわけ

ED外来が少ないわけ

EDは非常にデリケートな問題になります。

 

中にはEDである事を恥じ、病院に行くことも、誰かに相談をすることも出来ずにストレスを溜めて症状を悪化させるケースもあります。

 

女性が考えているよりも、男性はナイーブな生き物でもあります。

 

病院に行くことはできなくてもEDの治療をしたいという方の多くは個人輸入でバイアグラを購入します。

 

個人使用に限って認められる手段ですから、誰に咎められるいわれもありません。

 

 

現在のED人口は多く、日本国内に1000万人、潜在患者は500万人にも登るといわれています。

 

そのような状況にあっても、EDの治療を積極的に開始している人は5%程度に過ぎないとも言われています。

 

しかし、個人輸入によるバイアグラなどの個人輸入は盛んに行われ、バイアグラを筆頭としたED治療薬市場は常に一定の規模を展開しています。

 

いかに病院を避けて個人輸入でバイアグラを購入しているかが伺えます。

 

 

患者さんが手に取りやすいよう、人目の少ないところへEDやバイアグラに関する資料を配置したり、リスクファクターを持つ患者さんへの問いかけの際も看護士が席を外した状態で抵抗感の少ないよう言葉を選んで問い掛けるなどプライバシーにも配慮された取り組みが少しずつ始まっていますが、現実には個人輸入を利用する患者が多いというのが実情になります。

 

 

最大の理由は、やはり価格の問題になります。

 

恥ずかしいと言う事ももちろんですが、個人輸入と病院処方ではおよそ倍近い金額差があるため、誰もが安い個人輸入でバイアグラを求めるようになっています。