シアリス副作用の症状について

シアリス副作用の症状について

シアリス副作用の症状について

 

今大変人気を集めているED治療薬の中に、シアリスという商品があることをご存知ですか。
このシアリスはイーライリリー社によって製造販売され2007年の発売以来かなり人気が高まっているED治療薬なのです。

 

なぜこんなにも人気があるのかといいますとシアリスはこれまで販売されていたバイアグラやレビトラ等と比較してみると
効果がかなり長く36時間の効き目を感じることができたと言う人もいます。

 

さらにバイアグラやレビトラに比べてシアリスは、その副作用がそれほど感じることなく快適に使用することができるということからも大変人気がたかまっているようなのです。

 

バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルとレビトラの主成分である塩酸バルデナフィルの化学構造が大変似通っており、副作用に関しても多くの共通性が認められるということが分かっております。
実際にバイアグラとレビトラを使用した人の多くに同じような副作用を感じたということも多く聞かれております。

 

しかしながらシアリスの主成分であるタダラフィルには、これらい上げたいずれとも一切化学構造が似ておりません。
そのために体内の血管を拡張し、血流を良くするという効果はバイアグラやレビトラと同じであるとしてもシアリスでは、独特の副作用が出るという場合が考えられるのです。

 

シアリスを服用後に挙げられる副作用としては、頭痛や、顔のほてり、顔の赤らみや鼻づまり、その他にも鼻水などの症状を感じたことがあると言う人がいました。

 

ED改善のために使用したシアリスの副作用を感じた人の20%程度で以上のような副作用の症状を感じたと言われておりますが、一定に時間か経過すると、その症状は自然に改善されて、なんら問題なく過ごすことができる場合は殆どのようです。

 

シアリスを服用後の副作用ですが、個人差はあるものの、早い人では、服用後15分くらいで顔のほてりを感じ、最高潮に達したあと1時間くらい経過すると平常の状態に戻ってあとはなんら問題なく過ごすことができたという報告なども挙げられております。

 

またその他にもシアリスを服用したあとの副作用としてあげられるのが、消化不良やのどの渇き、めまいや情緒不安定、下痢などの症状を感じたという人もいるようです。

 

人によってその症状の程度に違いがあったり、中には全くそのような副作用を感じることなく使用できるという人もいるようですが、それはシアリスの服用の容量や、体の大きさの違い、タイミングなどによっても症状に出方に大きな違いがあるといわれております。

 

シアリスを初回服用時からこのような副作用が一切でることなく、EDを改善する人もいれば、多くの副作用がいっぺんに出る人もいますので一概にはいいきれないのです。

 

このような症状には、その他のED治療薬にもある症状の場合も多く、人によってもその程度に違いはありますが、シアリスの場合にはそれ以外にも独特な副作用を感じたという人がいました。

 

そのシアリス独特の副作用として挙げられるのが、背中の痛みや腰の痛み、筋肉痛や発疹などが挙げられます。
このような独特な副作用が出るという人は非常に少なくなってはいものの、このような副作用を感じる人の場合、中にはその症状がかなりひどく、強く筋肉や腰などが痛むという人もいるようです。

 

万が一シアリスを使用して、そのような症状になった場合には心配する必要はありません。
シアリスを服用後にそのような症状を感じることがあったとしてもパニックならないよに気をつけましょう。

 

なぜなら通常そのような副作用は、長くても1時間から2時間程度も経過すると自然と解消される副作用となっておりますので
不安になる必要はありません。

 

ED治療薬を服用する場合には、予めどの様な副作用があるのか、実際に使用した人からの体験談やクチコミサイトなどを利用した多くの情報を集めるといいのではないでしょうか。