EDに対するシアリスの作用

EDに対するシアリスの作用

EDに対するシアリスの作用
男性の勃起不全や勃起障害のことを、ED(Erectile Dysfunction)といいます。

 

以前はインポ、インポテンツ(不能)という呼び名が用いられていましたが、
蔑称の意味合いが強いことから、現在ではEDという言葉が広く用いられています。

 

 

シアリスは勃起を助けるED治療薬です。
主に陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ、
血管を広げることで血流を改善し、十分な勃起をもたらします。

 

EDには3つの種類があります。
ストレスなど心理的要因による「心因性」のものと、
神経や血管の障害など、体に問題のある「器質性」のもの、そして両者の「混合型」です。

 

 

シアリスはこれら3種類のED全てに有効です。

 

ただし、服用するだけでは効果を発揮せず、性的な刺激が必要となります。

 

局所的に作用するため、性欲そのものを促進させる働きはありません。

 

したがって、ED患者以外が服用しても意味がないので、
興奮剤や滋養強壮剤と混合しないようにしましょう。

 

 

薬理としては、シアリスには陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害する働きがあります。

 

したがって、医療に従事する専門家からは「PDE5阻害薬」とも呼ばれています。

 

シアリスは国内3番目のED治療薬であり、シルデナフィルと同系統に位置するお薬です。

 

臨床試験が世界各国で行なわれており、安全性、効能ともに高い実績を認められています。

 

日本でも2007年から医療の現場における使用が認められています。