うつ病によるEDとシアリス

うつ病によるEDとシアリス

精神的な原因から生じるEDは、すぐに解消するものから治療の困難なものまで様々です。

 

場合によっては、うつ病とEDを併発している可能性もあり、
そうしたケースについては一般にEDの治療と精神のケアが並行して行なわれます。

 

 

うつ病とは、慢性的に何もやる気が起きない状態が続き、食欲不振や睡眠不足など、
日常的な生活に支障が出る精神の病気です。

 

EDによってうつ病になる場合もあれば、うつ病によってEDになる場合もあります。

 

そして、どちらのケースについても、シアリスの投薬によって改善が期待できます。

 

まれに、うつ病によって性行為そのものに嫌悪感を抱くようになる症例もあります。

 

 

そうしたケースについては治療が難しく、シアリスなどED薬の使用とともに、心理的なカウンセリングが行なわれます。

 

また、うつ病の治療薬の中には、性欲を減退させる薬が少なくありません。

 

うつ病の薬を飲めばEDになり、薬を飲まなければうつ病になる…という悪循環に陥ってしまう場合もあるようです。

 

いずれにしても素人の判断で治療を行なうのは難しいので、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

 

 

うつ病もEDも、日常のストレスが溜まることで発症する可能性が高くなります。

 

いわゆる「心因性」のEDは交感神経の異常によるもので、うつ病以外にも慢性的な興奮状態が原因となる場合があります。

 

ですから、活動的な人はEDにならない、というわけではありません。

 

こうしたEDについてもシアリスの使用が有効とされています。