EDとシアリスについて

EDとシアリスについて

EDとシアリスについて
EDとは「勃起不全」(Erectile Dysfunction)を表す英語の略語です。

 

性機能障害の一つで、世間一般でよく勘違いをされている方が多いのですが、性欲の減退や射精障害などはEDに含まれません。

 

シアリスはあくまでもEDの治療薬ですから、性欲の向上や、射精障害の改善は望めません。
注意しましょう。

 

 

医学上では、「性交のチャンスの75%以上」で性交ができない状態をEDとして定義しています。

 

現在、先進国をはじめとして十人に一人の男性がEDに悩んでいるといわれています。

 

日本においても推計で900万人以上(!)のED患者がいるといわれています。

 

この数字を見ても、シアリスをはじめとするED治療薬が、ごく身近な薬であることがご理解頂けると思います。

 

 

EDには大きく分けて3つの種類があります。
ストレスや
うつ病など、精神的な原因によるEDは「心因性」のEDに分類されます。

 

メカニズムとしては、精神的な作用(ストレスなど)によって交感神経が緊張し、血管が収縮、もしくは、海綿体平滑筋の緊張の増強により、海綿体への血液が妨げられることによって発症します。

 

 

シアリスを服用する際は、精神的な問題を取り除くために、並行してカウンセリングが行なわれるケースもあるようです。

 

陰茎の支配神経、血管、もしくは組織などの障害や、内分泌機能障害により充分な勃起が得られないEDは「器質性」に分類されます。

 

シアリスは器質性のEDにも効果的に作用します。
重度の障害が見られる場合は、外科的な手術によって治療が行なわれる場合もあります。

 

心因性・器質性の両方が作用するEDは「混合型」に分類されます。

 

シアリスは混合型のEDにも効果を発揮することが知られています。