バイアグラの特許期限

バイアグラの特許期限

ひと頃テレビCMで、「ジェネリックにしてもらえますか?」と患者が医師に問うシーンを放送していたのを見たことがありませんか?ちょうどこの頃、ジェネリック医薬品の推奨を厚生労働省が始めました。病院に行っても、新薬とジェネリック医薬品のどちらかの処方を選べう旨を宣伝したポスターが貼られていました。新薬もジェネリック医薬品も、いずれも正式に厚生労働省から認可された薬です。むしろ、新薬と同じ成分を使って同じ効果を求めることができるジェネリックのほうが、価格が安いぶんメリットが大きいように思えます。なぜ新薬よりも価格を安くできるのかというと、新薬の特許期限が切れてから同じ内容の薬を発売するため、開発費が必要ないからです。新薬の研究開発には、莫大な費用が費やされます。そのため、市場に出たときには高価になってしまいます。他の製薬会社がその成分や構造を研究して同じ薬を製造するのとは、比べ物にならないほどの費用や年月が新薬の開発にはかかるのです。これを考慮して、ジェネリック医薬品はその発売価格を新薬より抑えるように義務づけられています。ジェネリックなら、確実に安い薬を手に入れることができるのです。バイアグラの特許はファイザー製薬が所有していましたが、それも2014年には期限がきます。いよいよバイアグラジェネリックの時代がやってこようとしていますが、もしかしたらバイアグラよりもジェネリックのほうが相性がいい人もいるかもしれませんから期待大ですね。