バイアグラの個人輸入

バイアグラの個人輸入

バイアグラを個人輸入してきた人は、多いはずです。そうでなければ、インターネットの検索でたくさんの個人輸入代行業者が出てくるわけはありませんよね。ニーズがあるからこそ、情報も多くなるのです。バイアグラが世界で発売されてからこれまで、日本国内にいながらにして個人輸入でバイアグラを購入する人がたくさんいました。なぜなら、正規品のバイアグラは国内では医師から処方してもらうしかなく、しかも価格が高かったからです。まだ日本ではバイアグラの国内特許期限が有効なため、ファイザー製薬が独占的に高価格で販売していたのです。特許の期限は2014年に切れるため、他の製薬会社がバイアグラジェネリックを販売スタートさせるでしょう。もちろんバイアグアグラジェネリクを販売するにも、厚生労働省の承認が要ります。とはいっても承認されれば複数の製薬会社が競って価格を安くするでしょうから、利用者にとってはバイアグラと同様の薬を安く手に入れるチャンスです。もう、個人輸入になど頼る必要はなくなってきますよね。バイアグラジェネリックの競合は、バイアグラ以外のED治療薬でもあります。いずれはレビトラやシアリスもジェネリックが発売されるでしょうから、そうなったときの価格が楽しみですね。ドラッグストアで購入できる薬ではないので病院に行く手間はかかりますが、価格が安くなると思えば垣根も低くなるのではないでしょうか。