バイアグラを使用するときの注意

バイアグラを使用するときの注意

バイアグラが発売された当初、日本国内では個人輸入をするより他手に入れる方法がありませんでした。そのため、間違った知識から健康を害してしまった人もいるのです。このような背景から、厚生労働省が国内承認を急ぎ、今では日本国内では医師のみが処方できる薬となっています。2014年にはバイアグラの国内特許期間が切れますから、すぐさまバイアグラジェネリックの発売が開始されそうです。新薬よりも安価に手に入れられるのがジェネリック医薬品の特長ですから、多くの人が正しい知識を持たずにバイアグラジェネリックを使用してしまう恐れがあります。そもそも効果のある薬には服用の注意がつきものなので、まずはバイアグラの使用法を頭に入れておきましょう。バイアグラは、心臓病や血管系の病気を持っている人、関連の薬を飲んでいる人は服用を避けなければなりません。バイアグラには血液の循環をよくする作用があるため、心臓や血管に負担がかかりやすくなるのです。どうしてもバイアグラを使ってみたいという方は、まず医師に相談してからにしましょう。硝酸剤や塩酸アミオダロンを用いた不整脈の治療薬を服用している人も、要注意です。こうした危険があるからこそ、バイアグラは医師の処方にゆだねられているのです。間違っても、安易な気持ちで利用しないように気をつけましょう。