ジェネリック医薬品の国内承認

ジェネリック医薬品の国内承認

日本国内で販売されている薬は、すべて厚生労働省が国内承認している医薬品です。承認された薬のみが薬局やドラッグストアで販売され、医師から処方されるのです。一方、個人輸入という方法で、海外製の医薬品を購入する人もいます。これは個人で使用する範囲のみ許されていることで、人に譲ったり販売することは違法です。それだけ医薬品というのは、効果がある反面副作用の危険もあり、扱いに注意が必要だということです。健康食品と違い、多くの化学薬品を合成しているのですから当然ですね。国内承認を得るために、製薬会社では多くの年月と莫大な費用をかけます。もちろん研究にもお金がかかりますから、皆さんが何気なく使っているような頭痛薬一つでも、新薬として登場するまでには相当の苦労があったのです。そのぶん、製薬会社は元を取ろうと薬の価格を高くします。だからこそジェネリック医薬品が普及し始めた今、バイアグラのジェネリックも望まれているのです。ジェネリックなら、新薬としての研究費用は不要なので価格を安く抑えることができます。そのため、ジェネリック医薬品は安く提供するように義務づけられているのです。いわば新薬のコピーであるジェネリック医薬品、バイアグラのジェネリックが国内承認されれば、大人気になること間違いないでしょう。