バイアグラの特許とジェネリックの国内承認

バイアグラの特許とジェネリックの国内承認

バイアグラには特許が存在し、期間が切れるまではジェネリックを販売することはできません。

 

特許期間内は国内承認されることはなく、バイアグラジェネリックを購入するには、
インド製を海外から取り寄せるしかありません。

 

インド製の品質は高く、バイアグラとほぼ同一成分のため、効果・効能もほとんど変わりません。

 

しかし、国内承認されていないジェネリックに関しては、100%安全な薬とは言えないのです。

 

国内承認を受けることで、はじめて安全なバイアグラジェネリックだと認められます。

 

それまでは、自己責任において、自分の身体と相談しながら服用していくしかないのです。

 

個人輸入で取り寄せる商品には、偽薬も存在していますし、本物であっても体質に合わないものも多いのです。

 

日本のクリニックで処方を受けるタイプとは大きさ・形状が異なるED治療薬も存在しており、
それらが安全かどうかは素人には判断できません。

 

 

また、国内承認を受けていないので、医師も適切なアドバイスを行えないのです。

 

「個人輸入で海外製のバイアグラジェネリックを購入したいけど、
このサイトの商品は安全ですか?」と医師に質問しても、
ほとんどの医師は困った顔をして返答できないはずです。

 

「このルートで購入すれば100%安心」と言えるのはクリニックだけであり、それ以外は必ずリスクがあります。

 

薬は安ければいいものではなく、安全性を第一に考える必要があります。

 

安全を確認できない薬には、いくら安くてもお金を支払ってはいけないのです。

 

バイアグラの特許は、ファイザー製薬が持っています

 

しかし、その期限も2014年には切れました バイアグラジェネリックの時代です。

 

 

もちろん、これまで通りにバイアグラの正規品を求め続ける人もいるでしょう。
バイアグラとバイアグラジェネリックを比較してみようと、両方購入してみる人もいるかもしれません。

 

いずれにしても、これまでのようなバイアグラ独占時代は終了するわけです。
バイアグラが高くてあきらめていた人にも、チャンスが訪れます。
早く、バイアグラジェネリックの国内承認が実現するといいですね。

 

そうなったら、バイアグラやバイアグラジェネリックを個人輸入する必要はありません。
一部のマニアックな人を除き、バイアグラを個人輸入していたのはやはり価格のためではないでしょうか。

 

これからは医師から安価なバイアグラジェネリックを購入できる見込みがあるのですから、
個人輸入にメリットはありません。

 

 

個人輸入で薬を買うデメリットやリスクも、負う必要がなくなるのです。
それでは、ファイザー製薬の利益がなくなってしまうのでは?とかばうこともありません。

 

すでにファイザー製薬は大きな利益を得ているはずですし、
バイアグラを国内で処方してもらってきた方はそれなりの代償をファイザー製薬に支払ってきたのです。
これからは、皆さんが多くの利益をバイアグラジェネリックから得る時代ですよ。