バイアグラの製薬会社とジェネリックの国内承認

バイアグラの製薬会社とジェネリックの国内承認

バイアグラの製造元はアメリカのファイザー製薬です。

 

世界初のED治療薬として有名になり、飲むだけで勃起力を高めてくれる薬として日本にも広まりました。

 

価格は1錠1,000円~1,500円と高価ですが、これは健康保険の適用外になるからです。

 

10割自己負担になるので、一般的な薬よりも高いのです。

 

そのため、格安でバイアグラと同様の効果を期待できるジェネリックの国内承認が望まれているのです。

 

現在はインターネットの個人輸入代行サイトを利用すれば、バイアグラジェネリックを購入することが可能です。

 

個人輸入を利用する場合は、国内承認を受ける必要がない反面、個人の責任で購入しなければなりません。

 

万が一、バイアグラジェネリックを服用して死亡しても、悪いのは自分になってしまうのです。

 

安全に薬を服用するためには、国内承認されたものを選ぶ必要があります。

 

2014年にはバイアグラジェネリックが国内承認される可能性が高いため、今後は安くジェネリックを試せるようになるでしょう。

 

ED治療薬以外には、精力剤もEDによいと言われていますが、薬ではないので効果を期待できるものではありません。

 

あくまでサプリや健康食品としての扱いになり、体調を改善してEDのリスクを軽減させるものです。

 

根本からEDを治すためには、精力剤とED治療薬の併用も効果的ですが、精力剤だけで瞬時にペニスを勃起させることはできないので、これから性行為を始めるという状況では使えません。

 

バイアグラに関する相談

バイアグラが日本国内で承認を受けてから、早くも15年の月日が過ぎました。
そんなに長い年月が過ぎても、未だにバイアグラを精力剤だと勘違いしている人が多いようです。

 

本当は、バイアグラを飲んだだけで性欲がわいてくるなどということはありません。
バイアグラを飲むと血流に作用がおよぶため、勃起力がついてくるのです。
それも、薬を服用しただけで勃起してくるわけではありません。

 

性的刺激を与えなければ何も変化がないため、
マジックのような変化を期待している人は正しい知識を持ち直しましょう。

 

今では病院に行けばほぼ誰でも処方してもらえるように思えるバイアグラですが、
ED治療はバイアグラがすべてではありません。

 

医師がバイアグラの処方を選んだからこそ、購入することができるのです。

 

 

もしもバイアグラについて相談があるなら、医師に聞いてみましょう。
インターネットの質問サイトなどで医師でもない人に相談するのは、必ずしも正しいこととはいえません。

 

間違った知識を植えつけられて、危険な目に遭ってしまうこともあるかもしれませんので、
口コミとは区別するべきです。

 

バイアグラの国内特許期限が切れたら、バイアグラジェネリックの発売が続々と開始されるでしょう。
そのときは、今以上に情報が氾濫するでしょうから、注意して情報に目を通してください。