バイアグラの市場とジェネリックの国内承認

バイアグラの市場とジェネリックの国内承認

国内でバイアグラジェネリックが販売されるのは、国内承認となる2014年からです。

 

国内承認の前から、海外経由でバイアグラジェネリックを格安で入手することはできましたが、偽物が多いというリスクがありました。

 

医師の処方箋なしで入手できるので、完全なる自己判断・責任にて取り寄せる必要があったのです。

 

個人輸入代行サイトを利用すれば、通販サイトと同じ感覚で手軽に買えるのがメリットですが、クリニックにいちども行くことなく購入する方が多く、トラブルも多発したのです。

 

バイアグラやジェネリックを使用してはいけない人が服用すると、急激な低血圧に見舞われたり、死亡したりする可能性があります。

 

国内承認されていない薬を取り寄せることは容易ですが、リスクを考慮すると利用は避けたほうがいいのです。

 

2014年にはバイアグラジェネリックが国内承認されるので、そうなるとED治療専門のクリニックや泌尿器科でも取り扱いできるようになります。

 

今までは先発医薬品のみの取り扱いであり、1錠1,000円以上が相場でしたが、ジェネリックの国内承認により、1錠500円程度から購入することが可能になると言われています。

 

薬をもらう前には、医師の検査・アドバイスを受けられるので、生活習慣を見直しながらEDを治療していけます。

 

ED治療において大切なのは、性行為のときだけ勃起力を高めることではありません。

 

治療薬を使わなくても勃起できる状態に導くことなのです。

 

バイアグラジェネリックの役割

夫婦間に性行為がなくても家族でい続けることはできますし、性行為をしなくても生きてはいけます。
しかし、子供を生むためがメインだった時代と違い、現代では性行為が人間関係を深める行為にもなり得ます。
EDに悩んでいる男性の伴侶にとって、バイアグラの存在は頼りになるのではないでしょうか。

 

一見男性のためだけと思われがちなバイアグラですが、
夫婦のためにもバイアグラは大切な役割を果たしているのです。

 

バイアグラがあればEDが治るのかというと、そうではありません。
ほかの治療と併行する必要もあるでしょうし、
バイアグラは一時的に性行為が可能になるという薬でしかありません。

 

しかし服用すれば、性行為ができるようになる以上の役割を果たしてくれるのです。

 

バイアグラ一錠が1,500円前後もすると、
使ってみたいけれど一回の性行為に1,500円使うのはどうかと考えてしまう人もいるでしょう。

 

 

その点、バイアグラジェネリックなら、日常的な価格で入手することができます。
バイアグラを使えなかったばかりに夫婦間の仲が危うくなっていたなら、
より身近になったバイアグラジェネリクが夫婦の危機をも救ってくれることになるのではないでしょうか。
この他にも、男性が自信をつけて、性生活以外にも活気を取り戻すことができるという役割も果たしてくれます。