バイアグラの効果とジェネリック国内承認への可能性

バイアグラの効果とジェネリック国内承認への可能性

バイアグラは非常に効果の高いED治療薬で、レビトラやシアリスが登場した現在でも多くの愛用者がいます。

 

性行為の1時間前に服用すれば、優れた勃起力を発揮してくれます。

 

効果は2~5時間程度続くので、飲んで勃起を確認してから性行為に移行するだけです。

 

他のED治療薬と比べて不利なのは、食後に服用すると効果が弱くなることでしょう。

 

効果に関しては、国内承認されていない海外製のジェネリックでもほぼ変わりません。

 

バイアグラジェネリックは、近いうちに国内承認される可能性が高いです。

 

バイアグラは非常に薬価が高いので、先発薬よりも安く購入できるジェネリックの登場が望まれているのです。

 

国内承認されていなくとも、個人輸入代行サイトを利用すれば、バイアグラジェネリックを購入することは可能ですが、安全性の問題があります。

 

安全性の高さにおいては、国内承認されている薬のほうが圧倒的に優れているのです。

 

同じバイアグラやジェネリックに関しても、日本と海外では薬の成分が違っています。

 

日本は50mgが最高量となっていますが、海外には100mgも存在しています。

 

効果は2倍高くなりますが、副作用も2倍になるので、日本人が服用するには適していません。

 

海外では安全性が高くとも、日本人にも安全かどうかは国内承認された薬でないと判断できません。

 

個人輸入代行でED治療薬を取り寄せて、もし命に関わる副作用が発症しても、誰も恨むことはできないのです。

 

ED治療のためのバイアグラジェネリック

ED治療の一環としてバイアグラを利用する人が増えて、
中にはバイアグラを飲むことがED治療のすべてだと思っている人もいるかもしれません。

 

しかしそれは間違いで、多くの場合は他のED治療をしながらバイアグラを利用していきます。
人によっては、バイアグラの効果が出て自信がつくことで、
精神的なストレスが解消されてEDが改善されることもあります。

 

 

しかしそんな人ばかりではなく、EDの原因は個人個人で複雑な問題がからんでいるのです。
そのため、一時的な勃起力を促すだけのバイアグラだけでEDが治る人はめったにいません。

 

だからといって、がっかりすることはありません。
バイアグラを利用しながら、生活習慣などを改善してEDを治療している人もいます。

 

治療の内容は人によって医師が判断し、相談の上で決まっていきます。
難しく考えすぎる必要はなく、バイアグラの正しい利用のためにも、
まずは病院で医師に相談してみるのが一番です。

 

これは、バイアグラジェネリックに関してもいえることです。
ジェネリックとはいえ、国内では医師の処方にのみ販売が許されるはずです。

 

価格が安くなるぶん、今よりは気楽な気持ちで診療を受けに行けるのではないでしょうか。
バイアグラジェネリックは医薬品ですから、ED治療のために大いに役立ててください。