バイアグラの現状とジェネリックの国内承認

バイアグラの現状とジェネリックの国内承認

医薬品は国内承認されるまでは、国内で販売することはできません。

 

これはバイアグラに関しても同様です。

 

日本のクリニックで取り扱うよりも前から、個人輸入により入手する方はいましたが、服用方法を誤ることにより、重大なトラブルを引き起こすケースもありました。

 

そのため、バイアグラの国内承認はスピーディーに実施されたのです。

 

現在はジェネリックとして個人輸入代行で取り寄せることが可能となっています。

 

通販ではジェネリックバイアグラを取り扱うことはできませんが、個人輸入により個人的に購入するには問題ないのです。

 

非常に価格が安いのが特長であり、1錠150円くらいで購入することも可能です。

 

しかし、偽薬の割合が高いこともあり、安全な購入方法とは言えません。

 

本物だと思って購入したのに偽物をつかまされた、なんてことは多いのです。

 

そのため、ジェネリックに関しても国内承認が期待されているのです。

 

日本でバイアグラジェネリックが国内承認されれば、クリニックで処方を受けられるようになります。

 

正規ルートによる購入となるので、偽物に遭遇する確率はゼロです。

 

個人で取り寄せる方法は便利ですが、クリニックで検査を受けることなく利用する方が多く、自分に合わないED治療薬を購入してしまう可能性があります。

 

さらに困るのは、ED治療薬を服用しては危険な方が、利用してしまうケースがあることでしょう。

 

ED治療薬を購入するなら、絶対にクリニックを介したほうがいいのです。

 

バイアグラの国内製造

バイアグラが世界発のED治療薬として発売されたのは1998年、
アメリカのファイザー製薬においてでした。

 

そのため、すべてのバイアグラとバイアグラジェネリックが
アメリカで製造されていると思い込んでいる人もいるかもしれません。

 

 

ところが日本で個人輸入のバイアグラを購入してみると、
その製造国はアメリカ・トルコ・オーストラリアでないばかりか、ファイザー製薬のものでもないことがあるそうです。
ファイザー製薬自身が調査した結果、世界中でネット販売されている
バイアグラの50%以上が偽物だったらしいのです。

 

本物のバイアグラでなければ何なのか、考えるのも恐ろしいですね。
多くは インドで生産されているジェネリックですが 中には中国の偽物もあることがわかっています。

 

その点、国内製のバイアグラは正真正銘の正規品です。
日本の厳格な薬事法をクリアして、厚生労働省が認めたバイアグラとして医師が処方しているのです。
もちろん誰でも、正規品のバイアグラを手に入れたいでしょう。

 

しかし、バイアグラは未だに高価で気軽に処方してもらうわけにはいきません。
この価格の問題が解消されそうなのが、バイアグラの特許期限が切れるときです。

 

2014年がそのときなので、
まもなく国内でバイアグラジェネリックを安価に手に入れられる時代がやってきます。

 

きちんと医師から処方してもらえる薬ですから、
国内承認のバイアグラジェネリックを利用しない手はありませんよね。