バイアグラの価格とジェネリック国内承認への期待

バイアグラの価格とジェネリック国内承認への期待

クリニックでバイアグラの処方を受けると、1錠1,000円~1,500円程度の価格となります。

 

健康保険が適用とならないので高価ですが、その効果はお墨付きです。

 

いちど服用して強い勃起力を体感すると、服用せずに性行為はできないという方も多いのです。

 

日本ではクリニックでバイアグラが処方される前から国内承認への期待は高まっており、当時は個人輸入を利用して購入する人もいました。

 

現在は国内承認されていないバイアグラジェネリックを海外から取り寄せる人もいます。

 

海外経由でジェネリックを購入する理由は、格安で入手できるからです。

 

現在はまだ国内承認されていないので、格安で入手するには海外を経由するしかありません。

 

バイアグラの場合は個人輸入を利用しても、価格はそれほど下がらないので、ジェネリックを購入する方が多いのです。

 

ジェネリックは近いうちに国内承認されると考えられていますが、もしそうなっても個人輸入代行サイトを利用して取り寄せる方は多いでしょう。

 

インド製造のED治療薬のジェネリックは非常に格安で、1錠200円もしない商品が多いのです。

 

国内承認されれば、日本のクリニックで購入することも可能となりますが、インド製のようには安くなりません。

 

ただ、価格面でインド製に勝るものはありませんが、日本で処方を受ける場合、クリニックで治療できるというメリットもあります。

 

EDになった原因がわかれば、表面的な症状を抑えるだけでなく、根本から治すことも可能でしょう。

 

バイアグラの価格とバイアグラジェネリックの価格の違い

日本国内でも、3~4人に1人の男性がEDに悩んでいるといいます。
ある程度の年齢を超えれば性的能力は減退してくるのが普通ですが、
今は若い人でもEDにかかっている人が多いそうです。

 

 

そのため、バイアグラに興味を持つ男性も少なくありません。
一時期は、精力増強剤のように面白がって興味を抱く人も多かったバイアグラですが、
今では必要に迫られてという人のほうが増えているのではないでしょうか。

 

世界初のED治療薬として登場したバイアグラは、まもなく国内特許期限が切れます。
今まで医師からの処方で一錠1,500円前後必要とされた費用ですが、状況が変わってくるかもしれません。

 

というのも、新薬の特許期限切れを狙ってバイアグラジェネリックが発売されれば、
バイアグラと同じ効果の薬がもっと安い価格で手に入るからです。

 

 

バイアグラは健康保険適用外の薬ですから、処方する病院側が自由に価格を決めることができます。
そうはいっても、他の病院で安くバイアグラが提供されていては患者が来てくれませんから、
日本全国の病院でバイアグラの処方価格は平均されています。

 

 

バイアグラジェネリックは複数の製薬会社が製造発売することが見込まれ、
しかも価格はバイアグラ正規品より安くなるのですから、病院でもそれなりに低価格で処方するはずです。
バイアグラジェネリックの国内承認が、待ち遠しくなってきませんか?