バイアグラのジェネリック国内承認で個人輸入はどうなる?

バイアグラのジェネリック国内承認で個人輸入はどうなる?

バイアグラのジェネリック国内承認により、個人輸入のメリットは薄れるでしょう。

 

個人輸入の最大のメリットは、国内承認されていない薬を合法的に購入できることです。

 

利用者にとって非常に嬉しいことですが、すべてのバイアグラやジェネリックED治療薬が本物ではありません。

 

本物・偽物のどちらに遭遇するかは、本当にギャンブル要素で決まってしまうのです。

 

偽物のバイアグラやジェネリックを販売していても、100%本物だと思わせて販売するのがプロです。

 

「偽物が混じっている確率は低いです」などとアピールしている業者から購入したいとは誰も思わないでしょう。

 

個人輸入代行サイトは数多く存在し、どのサイトも安全を謳っていますが、本当に本物を取り扱っているかどうかは、素人が判断する術はないのです。

 

バイアグラジェネリックの国内承認により、個人輸入の利用者は確実に減ると言われています。

 

国内承認されて日本国内でバイアグラジェネリックを安く入手できるようになれば、個人輸入を利用するメリットは薄れるからです。

 

ただし、クリニックに行くことに抵抗がある方、さらに安く購入したい方などは、従来どおり個人輸入代行サイトを利用する可能性があります。

 

いずれにせよ、はじめて服用する方は、自己判断で取り寄せてはいけません。

 

医療機関で検査を受けたら、ED治療薬を飲んではいけない、と指示を受ける方もいるのです。

 

心臓病、高血圧、脳血管疾患などの影響により、服用できない方も多いのです。

 

 

バイアグラのジェネリックと国内承認のメリット

バイアグラもジェネリックも国内承認を受ければ、日本で販売できます。

 

現在、クリニックでバイアグラの処方を受けることができますが、ジェネリックに関しては不可となっています。

 

これは、国内承認を受けていないので、法的に取り扱いできないからです。

 

厚生労働省が国内承認した場合、国が安全性の保証をしてくれることを意味します。

 

個人輸入代行は、厚生労働省の許可を得ることなく、個人的に入手する方法になるため、トラブルがあっても100%自己責任になるのです。

 

バイアグラジェネリックにかかわらず、国内承認をする必要性はないという声も聞かれていますが、国内でチェックする機能は絶対に必要です。

 

海外では安全性が認められて普通に使用されている薬であっても、日本人が使用して大丈夫とは言えません。

 

外国人と日本人は体質・体型が違うため、同じ薬を服用しても、同じ効果を得られるとは限らないのです。

 

これはバイアグラにおいても該当し、日本に存在するタイプとは異なるものが販売されています。

 

錠剤が大きく、強い効果が期待できる反面、副作用も強くなるというリスクがあります。

 

バイアグラは国内のクリニックで入手できますが、ジェネリックED治療薬が不可となっている理由は、チェックするまで安全性の確認ができないためです。

 

海外では当たり前のように使用されているジェネリックですが、日本人が服用して安全だと認められなければ、国内承認されることはありません。

 

薬を安く購入できるメリット以上に、安全性のほうが重要なのです。