レビトラとバイアグラの基本知識

レビトラとバイアグラの基本知識

ED治療薬には3種類が登場していますが、中でもバイアグラとレビトラは愛用者がたくさんいます。
バイアグラはクエン酸シルデナフィルという成分をメインに使っており、血圧を下げるために使われていた成分です。
そもそも、バイアグラは心臓の治療のために薬を開発していたところ、EDに効果がありそうだとわかって登場した薬なのです。
レビトラは、主成分を塩酸バルデナフィルとし、やはり血圧を下げる効果があります。
似たような効果を持っているためにどちらもEDに優れた効果を発揮するのですが、具体的には微妙に効果の違いがあります。

 

バイアグラとレビトラの代表的な違いといえば、効果が出てくる時間です。
バイアグラが服用してから1時間ほど置いて効果が出てくるのに比べて、レビトラは15分程度で効果が現れてきます。
性交渉のタイミングを計る必要がないので、非常に気楽に使用することができるのです。
また、食事の影響を受けにくいという点も、レビトラの特徴です。
バイアグラは食後すぐの服用で効果を弱めてしまう可能性が高いことから考えると、画期的です。

 

2つの特徴を比べてみると、どうもレビトラのほうが分がありそうだと考える人が多いでしょう。
しかし、効果には個人差があり、未だにバイアグラでなければ効果が出ないという人もいます。
要は、自分の体と相性が良いかどうかなのでしょう。