レビトラ購入にかかる手数料

レビトラ購入にかかる手数料

レビトラを安く手に入れたいと考えている方も多いでしょう。

 

最も安く手に入れる方法として、個人輸入があります。

 

個人輸入は海外の企業などから直接、個々人で手続きを行い、レビトラを輸送してもらう購入方法になります。

 

レビトラなどのED治療薬に関しては、個人使用に限り認められている合法的な購入手段として多くの方が利用しています。

 

しかし、個人輸入は手続きが非常に面倒である事もあり、ほとんどの方は代行業者に依頼をして購入をしています。

 

 

レビトラを海外から輸入する場合、税関などで税金がかかる場合があります。
その場合には、その税金は注文者であるあなたに支払い義務があるので、最初に理解しておく事が大切です。

 

個人輸入の規則によって、一度にあまりにたくさんのレビトラを購入する事は法律で禁止されており、多くても1か月分もしくは2か月分程度しか一度の購入で輸入する事ができない点にも注意しておきましょう。

 

 

病院で処方してもらう場合、診察料が必要になりますが、個人輸入代行の場合には手数料がかかります。

 

業者もボランティアで行っているわけではありませんので、一度の利用で1,000円程度の手数料がかかる事が多いようです。

 

あくまでも一度の取引に関しての手数料ですから、まとめて購入をすれば、それだけ低価格でのレビトラの購入が可能になります。

 

個人輸入代行業社を利用してレビトラを注文する場合、注文を入れる前にきちんと個人輸入代行業社に万が一の場合を確認してから購入するようにしましょう。