レビトラの使用方法

レビトラの使用方法

レビトラを使う際には、用量の少ない方から使用するようにするといいでしょう。

 

初めから強い方で試してしまうと、予想以上の副作用に困惑することもあります。

 

レビトラも薬ですから、当然ながら副作用があります。

 

バイアグラに比べれば副作用は軽いといわれていますが、それでも副作用はありますので、少ない容量での使用から始めることをオススメします。

 

 

レビトラには2種類があります。

 

10mgと20mgですが、それ以上のものは全て偽物ですので、気をつけましょう。

 

レビトラ10mgでは、効果時間はバイアグラとほぼ同程度の4時間となり、レビトラを利用するメリットは薄いと感じる人もいるかもしれません。

 

対して20mgでは効果時間は大幅に伸び、最長で10時間の持続時間が報告されています。

 

しかし、体質や持病などの問題もあるため、20mgを利用するには、まずは10mgで体調の変化や副作用の具合などを確認して上で20mgを利用するといいでしょう。

 

 

仮に糖尿病や心臓病など生活習慣病を持病に持つ男性であれば、20mgを使う前に一度医師に相談して、適切な用量を確認しておく事が必要です。

 

過去、バイアグラで心疾患患者が薬と併用してバイアグラを服用した結果、発作を起こして死亡したと言う事故があります。

 

軽く考えれば、命を危険に晒す結果になりますので、十分に気をつけなければいけません。

 

仮に、何かしらの投薬をしているのであれば、主治医と相談をした上でレビトラの使用を考え、用法用量を決めて使用するようにしましょう。