レビトラの高い効果

レビトラの高い効果

レビトラはバイアグラの後継として販売されたED治療薬になります。

 

バイアグラで不満が続出していた様々な問題をクリアし、効果時間も延びたことで高い人気を集め、使い勝手のよさも相俟って今なお愛用されている薬になります。

 

 

レビトラはバイアグラに続いて日本で2番目に認可されたEDの治療薬で、バイアグラでも効果の得られなかったケースで、レビトラが効果を発揮することもあり、EDの治療薬として世界各国で利用されています。

 

10ミリグラム錠と20ミリグラム錠が存在し、前者で効果が得られなかった場合は、量を増やして後者を服用します。

 

バイアグラで効果を得られなかったのでレビトラに切り替える、というケースも多いようです。

 

 

レビトラを使う上で気になるのは副作用ですが、顔のほてりや目の充血といった副作用が見られる場合がありますが、大半は時間の経過とともに症状が消失します。

 

硝酸剤と合わせて服用すると危険ですので、持病のある方は医師に相談してみましょう。

 

また、高血圧、低血圧、肝臓障害、不整脈、アレルギー体質の方は医師に相談をした上で使用を考える必要があります。

 

無視をして使用すれば、過去のバイアグラ事故のように命を落とす危険もあります。

 

 

レビトラの効果時間は長く、5時間~6時間程度となります。

 

およそ一晩中効果が持続する計算になりますので、余裕を持って性行為を行うことが出来ます。

 

また、翌日に効果を持ち越しませんので、レビトラ自体を無駄にすることなく、効率的に使うことが出来ると言うのもレビトラ人気の秘密でもあります。
バイヤグラで知られるED治療薬ですが、他にもレビトラやシアリスなどがあります。

 

特にレビトラはバイヤグラよりも効果時間が長く、即効性に優れた使い勝手のいいED治療薬として人気があります。

 

 

レビトラはバイヤグラに次ぐED治療薬として、03年8月にFDA認可を受けた薬で、国内でもED治療薬として認可を受け、多くの男性のED治療薬として愛用されています。

 

バイヤグラでは効果時間が4時間程度となっていますが、レビトラは効果時間が6時間程度とほぼ一晩中効果を発揮するため、途中で効果が切れるということがありません。

 

 

服用に際しては、バイヤグラは食事や飲酒の影響も受けやすいので、食後1時間以内の服用が好ましいとも言われていますが、食事や飲酒の影響を受けにくくなっていますので、食後30分以内の服用でも十分効果を得られます。

 

副作用では、概ねレビトラもバイヤグラも大差ありませんが、用量が少ない分、レビトラの副作用も軽く、時間も短いものになっています。

 

 

非常に優れた薬ですが、薬である以上、取り扱いを間違えれば思いも寄らない事態に陥ることもあります。

 

特に心臓疾患のための薬などを服用している場合には、レビトラの使用は危険ですので止めた方がいいでしょう。

 

現在、何かしらの投薬を行っているのであれば、医師に相談した上で用量と用法を確認して使用するといいでしょう。

 

確認を怠った結果、取り返しの付かないことになると言う事もありますので、しっかりと確認をしておくことをオススメします。