先進国でのED治療

先進国でのED治療

EDという名称で定着してきた勃起不全ですが、以前はインポテントと呼ばれていた時代もあります。
実は、インポテンツというのは性的不能という意味で、EDとは異なる症状なのです。
どちらかというと、インポテンツは差別用語のような響きがあり、現在でも侮蔑のときに使われることが多いようです。
一方でEDは立派な病気ですから、区別して考えたほうがよいでしょう。

 

日本には、約950万人のEDに悩む男性がいるといわれています。
医者に診せていない人も含めたら、どのくらいになるのでしょうか。
EDの治療は自由診療で、健康保険が適用されないのです。
それもあって、病院で治療を受けていない人も多いのでしょう。
しかし、今ではEDに悩む男性を勇気付けるバイアグラがあります。
バイアグラはEDの根本治療になるわけではありませんが、勃起が改善して性交渉を楽しめる可能性があるという点では画期的です。
注射や手術などの治療が不要で、薬を飲むだけで勃起することができる体の準備ができるのです。
ストレスやプレッシャーなどの心因性によるEDなら、性交渉を行えるようになったことがED改善につながる可能性もあります。

 

バイアグラは、いまや世界中で愛用されているED治療薬です。
ジェネリック医薬品も含めて、個人輸入で格安に購入することも可能です。
個人差はありますが、多くの人が効果を実感していますから、試してみてはいかがでしょうか。