バイアグラの主な成分

バイアグラの主な成分

純正バイアグラの主な成分として「クエン酸シルデナフィル」が使われているんです。

 

シルデナフィルは、元々狭心症の治療薬として研究や開発が始まったのですが、
臨床試験で狭心症への効果はほんの僅かしかなく、
陰茎の勃起促進する作用が確認・認められて、適応症として販売されることになったのです。

 

1998年にアメリカで販売を開始、販売直後から「夢の薬」「画期的新薬」と
もてはやされるようになったのです。

 

我が国日本でも、バイアグラは個人輸入代行業者によって
EDの方へ手に入るようになったのです。

 

しかし、狭心症を患って硝酸剤を服用している人が、
個人輸入代行業者から購入して性行為直後に副作用で心肺停止となり、
死亡した事例が発生したのです。

 

そのため、現在では安全性のために
医師の診断の元で処方が必要となる医療薬品となったのです。

 

バイアグラは今でこそ病院で使用可能かの診断を受けて、副作用の心配も大分減りました。

 

これまでの道のりには、死亡した人達が自分の命をかけて
世に知らしめてくれたのかもしれません。

 

今では、副作用の内容もしっかり調べられているのです。

 

バイアグラは「夢の薬」である反面、服用するのに制限が伴うのです。

 

もちろん女性や子供には使用できませんし、健康体の方にも効き目はありません。

 

勃起不全で悩む方へ、副作用の事を理解してもらいながら
使用してもらうほか手立てはないのかもしれません。

 

用量・用法を守って入れば、バイアグラを服用しても
ほとんどは副作用が起こる心配はないです。

 

特に死亡する事態になることは医師が診断を誤らない限り、心配はいらないでしょう。

 

バイアグラ・レビトラ・シアリス・威龍・プロペシア・メガパワーから
ジェネリックを迅速で輸入代行いたしています