シアリスジェネリックの副作用について

シアリスジェネリックの副作用について

シアリスジェネリックは、シアリスと同様の副作用があります。

 

代表的な副作用には、偏頭痛、めまい、鼻血、鼻水、鼻づまり、消化不良などがあります。

 

副作用があるのは、血管を拡張する薬であるため仕方のないことです。

 

むしろ、効果の高い薬ほど副作用も強いのです。

 

 

シアリスジェネリックやバイアグラなどのED治療薬は、「トラブルが多い」というイメージを持つ方も多いでしょう。

 

これは、ニセモノを服用したり、誤った方法で服用したりしたことが原因なのです。

 

正しい方法で服用しているぶんには、ほとんど副作用が出ません。

 

出ても気にならない程度のものです。

 

 

シアリスジェネリックの入手ルートは、個人輸入のみとなっています。

 

日本には存在しないED治療薬なのです。

 

ニセモノについては、素人が区別することはできません。

 

色、見た目もそっくりなものは、専門家でも区別が難しいと言われており、精密な検査をしないと分からないのです。

 

 

ED治療薬は本来は安全なものです。

 

「副作用によって死亡した」などのニュースも見られますが、これは誤った方法によって服用したのが原因なのです。

 

個人輸入のED治療薬の6割は偽造品なのです。

 

つまり、正規の成分が含まれておらず、まったく別の薬になっているのです。

 

 

シアリスジェネリックを服用して違和感を覚えた場合は、早急のうちに服用を中止してください。

 

そして、医師の診断を受けてください。

 

他の薬の飲み合わせや持病との関係があるかもしれません。

 

特に心臓疾患の薬とシアリスジェネリックを一緒に服用するのは危険です。