シアリスジェネリックを個人輸入で購入する前に

シアリスジェネリックを個人輸入で購入する前に

シアリスジェネリックは、個人輸入の方法でしか入手できません。

 

海外から取り寄せることになるのですが、ホンモノの割合が少ないという現実があります。

 

ホンモノは4割ほどで、残りの6割はニセモノなのです。

 

見た目はホンモノもニセモノもほとんど同じです。

 

色が違ったり、形状が違ったりすれば分かりますが、本当に似ている場合は専門家でも判別できないそうです。

 

特殊な機械を使用して検査すれば分かりますが、そこまでして購入する方はいないでしょう。

 

 

そもそもニセモノが出回る理由は、手軽に利益を得たいという悪徳業者が存在しているからです。

 

バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬は、安くても1錠1,000円以上するのです。

 

月に性行為を10回行うならば、10,000円以上の費用がかかるのです。

 

 

そこで登場したのがジェネリック品なのです。

 

ジェネリックは、特許期間が切れた医薬品のコピー版です。

 

シアリスジェネリックを販売しているのは、現在はインドのみです。

 

シアリスの特許期間はまだ残っているのですが、インドには医薬品の特許が存在しないため、シアリスジェネリックなどのコピー品の製造が可能となるのです。

 

 

シアリスジェネリックを購入する際は、信頼できる店を選ぶようにしてください。

 

ニセモノを購入させられて、あとから交換を要求しても、受け付けてもらえません。

 

それどころか、電話すらつながらない可能性もあります。

 

シアリスジェネリックを購入する個人輸入業者は、実店舗を構えている店舗がベストです。