シアリスジェネリックの個人輸入代行店で注意したい店

シアリスジェネリックの個人輸入代行店で注意したい店

シアリスジェネリックを入手するには、個人輸入代行店で購入するしかありません。

 

ここで注意したいのは、個人輸入代行店には悪質業者が多いことです。

 

平気でニセモノを販売している業者もおります。

 

偽造品のなかには、正規の成分とはまったく異なる成分が含まれている薬もあり、健康被害も報じられています。

 

 

個人輸入代行業者が取り扱うED治療薬は、6割がニセモノだと言われています。

 

別のデータによると、8割がニセモノだと宣言しています。

 

確かに、ホンモノだと考えると価格が安すぎます。

 

いくらクリニックで処方を受けるのが高いといえども、その10分の1程度の価格で販売できるのは怪しいものです。

 

 

シアリスジェネリックを個人輸入代行店で購入する際は、業者の安全性について確認したいものです。

 

「通信販売の法規に基づく表示や特定商取引法」は必ずチェックしましょう。

 

連絡先が明記されていない場合も注意が必要です。

 

料金だけ受け取って、逃げられてしまう可能性もあるでしょう。

 

 

シアリスジェネリックは、クリニックでは処方していません。

 

個人輸入しか入手ルートがないのです。

 

それゆえ、購入から利用に至るまで、すべての責任は自分にあるのです。

 

シアリスジェネリックを服用して健康被害が生じたとしても、業者に責任を追求することはできないのです。

 

 

シアリスジェネリックの購入を考えている方は、最低限の心得として医師に相談してみましょう。

 

持病によっては服用できないこともあります。