シアリスジェネリックの偽造品

シアリスジェネリックの偽造品

ED治療薬には偽造品が存在しています。

 

医薬品全般に偽造品が存在していますが、ED治療薬は特に多いのです。

 

その理由は、価格の高さにあります。

 

保険の適用外となるため、すべて自費で支払う必要があるのです。

 

1粒1,000円以上というのは、通常の薬では相当に高価なものでしょう。

 

 

シアリスジェネリックにも偽造品が存在すると言われています。

 

ED治療薬の6~8割はニセモノだと言われているので、シアリスジェネリックだけが正規品とは考えにくいでしょう。

 

偽造品を購入するリスクは考慮しておくべきです。

 

 

シアリスジェネリックのなかには、本当に効果があって安いものも存在します。

 

しかし、これはインターネットサイトを見ただけでは判断できないものです。

 

商品が手元に届いても、ニセモノだと分かる方は少ないです。

 

明らかに色が違ったり、正規品にはないサイズだったりすれば変だと気づくでしょうが、そっくりに作られていれば判別はできません。

 

 

そもそも処方薬は、個人輸入で購入するのは危険なのです。

 

市販薬であればリスクは低いですが、処方薬は医師が検査をしてから処方するものです。

 

患者さんの症状や体質を見ながら処方するのです。

 

個人輸入でシアリスジェネリックを入手する場合は、検査を受けずに購入できます。

 

しかし、検査を受けなければEDの原因も特定できませんから、日常生活において何に気をつければよいのか分からないでしょう。

 

 

シアリスジェネリックを購入する前に、医師の検査を受けるのがよいでしょう。

 

EDの原因については熟知しておくべきです。