治験とシアリスジェネリック

治験とシアリスジェネリック

治験は医薬品の安全性を確認するために必要な工程です。

 

医薬品の原価は、売値の10分の1だと言われています。

 

販売価格が高くなるのは、製造するのに莫大な費用がかかるからです。

 

特許制度があるのは、一定期間内はコピー品を作られないようにするためです。

 

 

バイアグラの治験では、90%くらいの方が効果を実感しました。

 

78歳という高齢な男性も、バイアグラの服用後に性行為が可能になったそうです。

 

治験は、最も信頼性の高い体験談だと言っていいでしょう。

 

製薬メーカーが責任を持って提示しているものです。

 

 

シアリスジェネリックは、シアリスを元にしたジェネリック医薬品です。

 

世界でインドでしか製造・販売しておりません。

 

インドでは、医薬品の特許制度が一般化していません。

 

そのため、他国では販売できないシアリスジェネリックの製造・販売が可能となるのです。

 

 

シアリスジェネリックにも治験データがあるそうですが、信頼性については怪しい点もあります。

 

治験を行って一定の効果が得られるとしても、入手ルートによってはニセモノを買わされることになります。

 

個人輸入によって入手するシアリスジェネリックやバイアグラなどのED治療薬は、60%以上がニセモノだと言われています。

 

 

ニセモノのシアリスジェネリックの場合、健康被害のリスクもあるでしょう。

 

利益の目的だけで販売する悪質業者は、効果や健康のことなど考えてはいません。

 

個人輸入は利用者が自己責任で購入するので、重大な副作用が生じても誰の責任にもできません。