シアリスジェネリックは頭痛持ちの人でも利用できる?

シアリスジェネリックは頭痛持ちの人でも利用できる?

ED治療薬のシアリスの副作用で多いのは、頭痛と消化不良です。

 

薬としての副作用は、それほど強くありません。

 

勃起力を回復させる効果を考えると、非常に効果的な薬だと言えます。

 

 

シアリスジェネリックは、シアリスと同様の成分で製造されたED治療薬です。

 

そのため、副作用もまったく同じだと思っていいでしょう。

 

頭痛と消化不良のほか、めまい、鼻血、鼻水、鼻づまりなどの副作用が生じます。

 

もともと頭痛持ちの方がシアリスジェネリックを服用すると、頭痛の頻度が高くなる場合があります。

 

これに対処するには、頭痛薬が役立ちます。

 

いちどクリニックでシアリスジェネリックと頭痛薬の相性について聞いておくといいでしょう。

 

薬には相性がありますから、自己判断で服用するのは危険なのです。

 

 

シアリスジェネリックやバイアグラ、レビトラなどのED治療薬は、血管を拡張する作用があります。

 

勃起の原因は、陰茎への血流の悪化なのです。

 

勃起時に陰茎が硬くなるのは、血液によるものです。

 

血管の拡張は頭部にも及ぶため、勃起と同時に頭痛が生じてしまうのです。

 

 

シアリスジェネリックは、最大で36時間も効果が続きます。

 

ただ、ずっと効果が安定するわけではありません。

 

性行為をする12時間以内、食後30分以内に服用しましょう。

 

この服用方法は、効果を最大限に発揮させます。

 

 

空腹時に服用すると作用が強くなりますが、胃粘膜にダメージを与えてしまいます。

 

胃壁へのダメージを抑えるためにも、食後に服用したほうがいいのです。