個人輸入代行 医薬品

個人輸入代行 医薬品

個人輸入は危険な事もある
バイアグラを個人輸入する人は処方箋など医師の診断の要らない状態を好んで
購入する人ばかりだと思われます。

 

バイアグラの個人輸入で一番危険なのは、医師の診断なしに購入できるので、
バイアグラで飲んではいけない持病を持っている人が
購入できてしまい、服用してしまう事です。

 

実際に新聞などの記事になったのは、40歳から80歳までの男性がバイアグラを服用し、
性交渉中か直後に死亡している件でした。

 

バイアグラはed治療薬としてはもっとも安全な薬として知られていますが、
薬の飲み合わせとしてやってはいけない事があるのはどの薬でも同じです。

 

個人輸入での購入の穴といいますか、危険な事です。
バイアグラを購入してはいけない人は、高血圧の人、心臓疾患のある人、
そして糖尿病のある人です。また併用してはいけない薬にニトログリセリンが有名ですが、
それでも一緒に併用し、死に至る場合もあるのです。

 

なので個人輸入の際にもその旨を伝える経緯はあるのですが、
しっかりと認識していく事が必要になります。

 

今では性行為を、年齢を重ねるごとに楽しむという考え方の人も増えてきています。
それと同時に年齢を重ねて衰える肉体もあります。

 

あまり過信をせず、自分の身体をよく知ってバイアグラを服用するようにしましょう。
せっかくの薬も死にいってしまったら元も子もありません。

 

必ず服用の仕方を教えてくれるはずなので、
きちんと理解したうえで個人輸入するようにしてほしいものです。

 

 

個人輸入の国
バイアグラの個人輸入先で多いのは、もちろんアメリカですが、
オーストラリア、ドイツ、インドなどがあげられます。
アメリカはバイアグラの開発した国でもあるので、
輸出に関しても長けてるところがあるのはよく分かっているのに選ぶのは、
アメリカは値段が他のバイアグラの個人輸入に比べると高いので、
他の地域の安価な場所を選ぶ事からでしょう。
安価なのはもちろんですが、注文してから一週間で手元に届きます。
箱にもバイアグラの個人輸入だという事が分からないようになっているものが多いので
安心というところも。
稀にオーストラリアやドイツで注文したのに、made in chinaなんて言う事もあるようですが、
あくまでも中国に発注されているだけでそれぞれの国で輸出されているものです。
個人輸入で偽造バイアグラが入っていると言われていますが、偽造はあくまでも半分以下。
よっぽど変な場所でなければ大丈夫でしょう。
ただ、インドのバイアグラには効果もありながら、
問題の成分も発見されるような事もありました。
安価な分余分なものが入っているのかわかりませんが、純粋な薬ではないようです。
体に影響があったという報告はありませんが、
あくまでも薬を飲むというものでは効果もそうですが、安全面を重視したいと思います。
オーストラリアでは偽造の話はあまりききませんが、
購入の際には十分気を付けた方がいいでしょう。
個人輸入はあくまでも自己責任になるので何かあっても訴えることができませんから。